インプラントイメージ

インプラントをしてよかった

インプラントどうだったとこれからインプラントをしようかなと考えている私の周りの友人や知り合いによく聞かれます。
結論としては手術自体も、手術後も痛くありませんという返事になります。
手術は痛くないです。
手術前に顎の骨の厚みを検査したときの方がよっぽど痛かったです。
歯を入れられるか、歯茎に針を刺して検査しました。
手術中は麻酔もしますし、歯の骨自体には神経ないそうなので、痛みは感じません。
それよりも手術中に口をずっと開けてなくてはならないので、そちらの方がつらかったです。
手術した友人は、口を開けておくためのガイドみたいなのを使ったから、アゴも別につらくなかったといっていました。
また、この友人がした歯医者さんでは、静脈内鎮静法胃カメラの時に使われるような麻酔みたいなものを取り入れた病院だったので、すぐ終わったと言ってました。
そして、手術の後も3日は歯茎が腫れましたが、痛みどめの薬をのんでいたためか、痛くはなかったです。
手術後も、人工歯がなじむまでは多少の違和感と、痛いんじゃないかという怖さでインプラントした歯で食べ物を噛むことが躊躇われましたが、2か月もするとふつうに噛めるようになりますし、痛みはまったくありません。
自分の歯となんら変わらなくなってきました。
なぜ手術をしたかというと、あごの骨がしっかりしている年齢でインプラントはやっておいた方がいいなと思いました。
あとは、インプラントが始まってからある程度実績もでてきているので、安全性や耐久性も信頼できるようになってきているというのも、決心をした理由の一つです。
実績と信頼できる歯医者さんが見つかったのも、治療を受けた理由に挙げられます。
そして、やっぱり自分の歯で噛めなくなってしまったり、しょっちゅう歯茎が腫れたりしていたら、ホント辛いし、生活面にも大きなマイナスとなることが身に染みていたからです。
費用はというと、2本やった場合には70万円くらいで、ここに検査費用の3万くらいが上乗せされました。
保険が効くものには色々な種類があって、主に強化プラスチックとセラミックに分けられ、セラミックの方が強度があって変色しにくいそうなので見た目も耐久性も良いけど高いそうです。
そもそも治療するところのかぶせものだけは保険が効かないそうなので、それ以外は保険の効くもので治療するという手が1番安くすむそうです。
いろいろ話を聞き手術して本当に良かったです。

Copyright(C) 2010 歯並び矯正.com All Rights Reserved.