インプラントイメージ

インプラントって、こわくないですよ

固い食べ物を食べていて、歯が折れたのは2年ほど前です。
その歯は奥歯で、何度も削っては詰め物をするという言ってみればぼろぼろの歯でした。
その時、私は母と旅行に行っていて、固いタコか何かを食べていました。
ガリッという音がして、歯が折れたなと思いました。
折れたというか、欠けたというか・・・とにかくまずいなと思いました。
ホテルに帰って洗面所で確認してみると、詰め物ばかりでもろくなっていた歯の一部が原形をとどめておらず、何故、歯を折ってしまったのだろうと自分自身に腹が立ちました。
もっと違う歯で噛めば良かったのに・・・、とか、何でタコなんかで歯を折ってしまったのだろうと情けなくなりました。
しかし母親に心配をかけたくなかったので、そのまま旅行を続けて、家に帰ってきて、どうしたら良いのだろうかと思いました。
あまり歯医者が好きでない私でしたが、とにかく相談に行こうと思いました。
歯の破損状況としては、かなりのダメージがある状態だと思いまして、もう入れ歯という選択肢になってしまうのかと思いました。
歯科医師のカウンセリングを受けたところ、インプラントという言葉を言われました。
インプラントって歯根にネジを埋め込むんじゃ・・・と思い、こわいのかなと思いました。
しかし、ブリッジと言って両隣の歯に金属の金具をつけて支えてもらう方法は、両隣の何のダメージも無い健康な歯におんぶにだっこをするわけで、その両隣の歯にとっては迷惑以外の何者でもありません。
「ちゃんと自立してくれよ、ああうっとうしい、腹が立つ。」という感じでしょうか。
私もそんなの嫌だったので、こわいかもしれないけれどインプラントをお願いする事にしました。
医師のカウンセリングは丁寧で、工程をきちんと説明してくれました。
しかも、痛みが無い様にしてもらえるし、実績もあるから安心して任せて下さいとの事でした。
結局、全部の工程が終わるのに数カ月かかりましたが、私が前に抱えていた恐怖は無用なものだという事がわかりました。
今では、自分の歯と同じように噛めるし、お隣の歯におんぶにだっこではないので、お隣の歯も健康です。
固いものも支障が無いし、見た目も自分の歯と見分けがつかないので、ほんとうにやってよかったなと思いました。
もう、自分の歯に何かあっても、インプラントがあるから安心だなと思う位です。
入れ歯にするより、絶対インプラントにした方が、気持ちも明るいかなと思います。
私自身は、やってみて、とても良かったなと思います。

Copyright(C) 2010 歯並び矯正.com All Rights Reserved.